素材の恩恵を活かす

尚仁沢湧水

栃木県塩谷町の高原山山麓に広がる尚仁沢湧水。

ここから1日になんと6万5千トンもの湧水が湧き出しています。

その水は環境省の「日本名水百選」にも認定され、全国利き水大会では一位に輝いたこともあります。

この天然のアルカリイオン水である尚仁沢湧水を100%使用して炊き上げた酵素玄米は、柔らかな口当たりとクセのない素材本来の味わいをもたらし、酵素玄米を一層美味しく引き立てます。

 

 

メキシコ産天然塩

KOSOLIFEは酵素玄米の製造工程に使用する塩にもこだわります。

メキシコの塩田で2年間もの間、太陽の光でじっくりと干し上げた天然塩を原料とします。

その塩を特別な製法を用いて、国内で作り上げるのが当社が使う酵素塩です。

一般的な食卓塩は99%が塩化ナトリウムで構成されています。

一方で酵素塩は、塩化ナトリウム95%の他にカリウム、マグネシウム、鉄、カルシウムなどの成分が5%入っています。

この成分が人体に必要なビタミンやホルモンなどの生成、神経の作用に必要不可欠なのです。

 

お米の美味しさはもちろん、原料となる天然水や塩の質も重要な要素です。

私たちはこれらの自然の恩恵を最大限に引き出し、お客様に最高の食体験をお届けしたいと考えております。

酵素玄米についてさらに詳しく

私たちについてさらに詳しく

 

Instagram